香木と精油。アロマテラピーの原点・パフューム

アロマサロン・リサージュ
神戸市中央区北長狭通3-11-2-404

リサージュ移転のお知らせ
8月末に移転の為、リサージュを一時閉店させていただくことになりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、リニューアルオープンまでしばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

香木と精油。アロマテラピーの原点・パフューム

第69回 正倉院展 が開催されました。(10/28〜11/13)
平安の頃「えび香・匂袋」と呼ばれていた匂い袋。正倉院には、漆を施した奈良時代の“櫃”と呼ばれる蓋付きの箱が多数保存され、その中に納められた様々な芳香防虫の目的で「えび香」と称される香袋が入れられていました。
江戸時代に風情ある女性のたしなみとして流行した“花袋”や“浮世袋”と名付けられた匂い袋の原型。
和の薫き物・香木、アロマテラピーの原点・パヒューム。
時代や場所は違っても古来より人間は暮らしの中に香りを取り入れていました。
アロマテラピーで使用する精油も香木と同じ物が多くあります💕
🌲写真後列左から右に
フランキンセンス(乳香)
ミルラ(没薬)
スパイクナード(甘松)
パチュリー(かっ香)
ベンゾイン(安息香)
🌲写真前列左から右に
サンダルウッド(白檀)
スターアニス(大茴香)
クローブ(丁子)
🍀精油はアロマストーンに滴下してバッグやクローゼットなど、好みの場所で身近に香りを楽しむ事ができます。アロマテラピーで現代版「えび香」風情ある女性のたしなみ💖香木のチップはお気に入りの素敵な布袋に入れて😊

Facebook公式ページに

いいね!お願いします

リサージュの最新記事をお届けします


よくあるご質問はこちら

※お急ぎの方は、お電話でのご連絡をお願いいたします。TEL:078-391-1011
トリートメント中の場合は留守番電話対応のため、お話し出来ない場合がございます。ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願いいたします。「午前8:30~9:40」又は「午後10:40以降」であれば、ゆっくりお応えさせていただきます。(ご予約状況により上記時間であっても留守番電話になっている時もございます)


コメントを残す

*

PAGE TOP

新着コメント
新着記事INFO



アロマテラピーサロン&スクール-リサージュ

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通3-11-2
グランパレ元町トアウエスト404号




MENU
HOME